marugenkani

タラバガニをさばく時は、まず「キッチンバサミ」「包丁」「軍手もしくは厚手のゴム手袋」「まな板」を用意してください。
さばきかたは、以下のような流れになります。

  1. 軍手をはめたら、カニを裏返します。
  2. 腹部に「ふんどし」と呼ばれるフタのような形をした部分があるので、そこを切り取ります。
  3. そのまま腹部を押さえ、甲羅を外します(親指をかけると、力を入れやすくなります)。
  4. 甲羅が外せたら、足の付け根にある灰色のビラビラした物、通称「ガニ」と呼ばれる部分を、ハサミで取り除きます。
  5. 次は、胴体と足の間の関節部分にハサミを入れ、足を切り離します。
  6. それが終われば、肩肉、いわゆる抱き身を切っていきます。
  7. 目や口を取り除いてから、4分の1の大きさになるよう切ります。
  8. 先ほどの足は、関節ごとに切ってから、切れ目を入れていきます。
  9. 太い足にはトゲの多い表側に2本、細い足には裏側に1本入れてください。
  10. 爪の部分は、縦半分に切ります。
  11. その次は、身の部分が取れないように注意しながら、殻をはがしていきます。
  12. これらが終わったら、お皿に盛りつけて完了です。

以上がタラバガニのさばきかたとなりますが、カニの体にはとがった部分が多いため、取り扱いには十分注意してください。